シリンダー加工

 

サファイアガラスの二光光学株式会社『シリンダー加工』です。

 

 

シリンダー加工について

 

シリンダー加工

平面、球面がX・Y断面ともに同じ形状になるのに対して、 シリンダー形状 は円筒面である為、X断面が円であれば、 対するY断面は直線となります。

均一な面精度に加工を行うにはワークと刃物(定盤)が 相対運動をしてその軌跡が無限軌道を描くことが理想です。


平面、球面などの加工は ワーク:円運動(楕円)×刃物:円運動で死点のないスムーズな無限軌道を描く(ロータリー研削、CG研削)ことができますが、 シリンダー加工では ワーク:往復運動×刃物:円運動or往復運動 となり、どちらかもしくは両方が停止してしまう瞬間が発生し、スムーズな無限軌道を描くことができません。

 

よって、シリンダー加工の面精度は平面・球面の面精度に劣ってしまいます。

しかし、二光光学では、独自の機械開発ほか研磨剤、刃物、定盤の工夫になど
により 面精度の追及に常に努力しています。

 

シリンダー加工

 

項目 スペック
構成 平凸・平凹・凸凹
サイズ 75mm×50mm まで
形状 板状 丸・正方形・長方形 その他任意形状

 

 

無料相談はこちら

無料見積はこちら

▲シリンダー加工へ戻る