耐腐食性容器として

サファイアガラスの耐腐食性容器としての使い方です。

 

耐腐食性容器(サファイアガラスは、耐腐食性がどのようにつよいのか)

 サファイアガラスは、当初、硬くキズが付きにくい・耐熱性がある・透明性が高い等 の特性が買われて宝飾の世界から、工業製品・部品の世界に広がってきました。

 

それが、使うほどに、より多くのすばらしい特性に出会い、実用化されて行き、現在に 至ったわけですが、耐腐食性についても、例外ではありません。

 

私の手元にある実用例を下記しましたが、種々の製造プロセスで活用され変革して 行く状況が伺われます。

 

1)サファイアガラス耐薬品性試験例 

(サファイア試料サイズ 40x40x0.5)

溶剤
条件(浸漬)
結果
塩酸
35% 20℃ 6days
溶解重量変化なし
硝酸
50% 20℃ 6days
溶解重量変化なし
燐酸
60% 100℃ 6days
溶解重量変化なし
硫酸
95% 100℃ 6days
溶解重量変化なし
カセイソーダ
30% 100℃ 6days
溶解重量変化なし
フッ化水素
40% 60℃ day
重量変化微小
(△=0.0038g)

 

※参考  石英ガラスは、上記全ての薬品で重量変化が認められる。

 

2)半導体プロセスガスの多様化で耐高温・耐腐食性が必要

フッ化水素・硫酸・硝酸・塩酸 300℃の高温にも耐える。殆ど腐食もされない。 金属の融液 Mg Cr Co Ni Na K Bi Zn Cs 800~1000℃でも OK

 

3)サファイア基板上への蒸着は 1500℃でも OK

(耐熱性・科学的安定性 強い)

 


▲耐腐食性容器としてへ戻る