強化ガラスの加工

サファイアガラスの二光光学株式会社『強化ガラスの加工』です。

 

強化ガラスの加工(強化ガラスの加工について)


 

 「強化ガラス」とは、次の3点の強度を上げるべく技術アクションを講じたガラ
スのことで、ガラスの表面に圧縮層を形成し、ガラスが外力による衝撃を受けた
とき、破壊に対する抵抗性を高めています。

1) 圧縮応力    2) 硬度    3) 曲げ強度

 

●強化ガラスの一次加工(化学強化方法)

  強化処理をしたいガラスを、カリュウム( K )イオンを含有した溶液に浸漬する
と、ガラスの中のナトリウム( Na )イオンが放出され、カリュウムイオンがガラス
の表面層に進入していく。 ここで、カリュウムイオンは、ナトリュウムイオンより
サイズが僅かに大きいので、ガラスの表面に圧縮応力層が形成されていく、と
言うのが強化ガラス製造のひとつの方法です。

●強化ガラス一次加工(風冷強化方法)

  強化処理をしたいガラスを、約700℃まで加熱し、それに冷風をあて「焼きを
入れる」ことにより、ガラスの表面層と内部に密度差ができる。これが ガラス
の表面の圧縮応力層となる。と言うのがもうひとつの方法です。

●強化ガラスの二次加工

  強化ガラスは、表面に圧縮応力層を形成していることから、二次加工は強化
処理後には出来ないため、製品形状は、強化プロセス以前に完成していること
が大切です。

●サファイアガラスの加工

  しかし、サファイアガラスの二次加工は、上記とは全く異なり、切断する ・ 穴
あけする ・ 成形する ・ 研摩する等・・・の加工は、全てダイヤモンドツールに
よる削り出ししかありません。 ましてや、型押しすることや、溶着する事は単結
晶品のため不可能です。


▲強化ガラスの加工について へ戻る