強化ガラスとして


サファイアガラスの二光光学株式会社『強化ガラスとして』です。

 


強化ガラス(強化ガラスとして、サファイアガラスがどの様に優れているか)


 

 「強化ガラス」とは、次の3点の強度を上げるべく技術アクションを講じたガラ
スのことで、ガラスの表面に圧縮層を形成し、ガラスが外力による衝撃を受けた
とき、破壊に対する抵抗性を高めています。

1) 圧縮応力    2) 硬度    3) 曲げ強度

●強化ガラス製造原理その1

  強化処理をしたいガラスを、カリュウム( K )イオンを含有した溶液に浸漬する
と、ガラスの中のナトリウム( Na )イオンが放出され、カリュウムイオンがガラス
の表面層に進入していく。 ここで、カリュウムイオンは、ナトリュウムイオンより
サイズが僅かに大きいので、ガラスの表面に圧縮応力層が形成されていく、と
言うのが強化ガラス製造のひとつの方法です。

●強化ガラス製造原理その2

  強化処理をしたいガラスを、約700℃まで加熱し、それに冷風をあて「焼きを
入れる」ことにより、ガラスの表面層と内部に密度差ができる。これが ガラス
の表面の圧縮応力層となる。と言うのがもうひとつの方法です。


●強化ガラスの二次加工

  強化ガラスは、表面に圧縮応力層を形成していることから、二次加工は強化
処理後には出来ないため、製品形状は、強化プロセス以前に完成していること
が大切です。

 

●サファイアガラスの強度

  サファイアガラスは、外部からの衝撃に対する圧縮応力が、強化ガラスと比較
して、数倍高く、また、「物 と もの」 とを擦り合わせた時に出来る表面のキ
ズは、下表の 「硬度」 の数字が示している様に、サファイアガラスは強化ガラ
スに比較してキズが付き難く、断然優位であると言えます。

 

  
ガラス
サファイア 
note 
強化
白板
青板
圧縮応力
Mpa
785
588
549
2950
化学強化後
硬度 sHv
ビッカース
640
570
570
1200
(300g 15sec)
曲げ強度
Mpa
863
637
618
686
  

 


▲強化ガラスとして へ戻る