蒸着

サファイアガラスの二光光学株式会社『蒸着』です。

 

蒸着とは

基板に金属の薄膜を形成する方法として「メッキ」があります。

「メッキ」は金属などを溶液に 溶かし、表面に折出させるものです。

 

しかし「メッキ」では極薄膜の形成は難しく、また 微妙な膜厚コントロ-ルができません。これに対し真空蒸着は膜厚コントロ-ルが可能 です。

 

当社はこの真空蒸着法を行なっています。 真空蒸着法は真空状態の器の中で金属等を蒸発させ、基板に着ける方法です。具体的 に説明すると、真空蒸着装置を使いおよそ10-3~10-5Pa程度の真空にします。

 

その 状態の中で蒸着材を電子ビ-ム、抵抗加熱を使い蒸発させます。蒸発された原子、分子が基板上に降り積もり薄膜が形成されます。

 

温度、時間等により厚膜をコントロ-ルする事 が可能です。真空にする理由としては、蒸発した分子が基板上に着く前に気体によって 阻害されないようにする事、気体を基板に付着させない事、分子の基板への密着度を 高める為です。

蒸着イメージ

 

最近特にレンズ、ミラ-など光学製品の需要が高まり、通信、電子、医療、測定機器等 幅広い分野で蒸着品が使われています。

●カメラレンズ、センサ-窓、レーザ-等の反射防止膜

●各種フィルタ-、ミラ-

 

また当社では装飾として、特にインクでは密着性の悪いサファイアに金属蒸着を施し、 反射での色出しを行なっています。宝飾関連、時計のカバ-ガラスに使われています。

 

蒸着・印刷加工

 

カラー蒸着

 

多色・蒸着

 

印刷                    多色印刷

 

コート

 


無料相談はこちら

無料見積はこちら

▲蒸着へ戻る