プロジェクトX   ~海外事業の人材育成~

海外事業の現地スタッフ人材育成の秘訣

海外事業を成功させるには何と云っても
現地の管理・監督者をいかに育てるか?
云いかえると、
「どんな方法で教育したら彼らが一人前になってくれるか?」
に掛かっている。

 

その教育方法の秘訣は「与える教育と考えさせる教育」
を意識して使い分けることである。

 

与える教育・考えさせる教育

この事は、私が日本にいる時に思いついたことではなく、
たまたまマレーシアに4年程赴任し、製造現場で現地人の教育に携わった時に
経験したことである。

 

話しを簡単に理解するために、先ず例題で見てみよう。

 

毎年4月1日から1週間良く町角で見られる、小学一年生の交通指導の姿を思い出して見よう。

 

子供が来ると「右、左、右。安全だったら!横断歩道を渡りなさい」と一週間やっている。 これが、私の云う「与える教育」である。

 

これに対して、4月4日目以降になると「どうやって交差点を渡るんだったっけねー?」
と子供に問いかけて、子供がちゃんと答えられたら、「やってごらん」と見守ってあげる。

これが「与える教育であり、考えさせる教育」である。

 

さて、上記を実際の現場で当てはめるフィーリングに触れてみよう。

 

海外のスタッフ育成

マレーシアの工場内では、なんと言っても日本人絶対の力関係にあるため
何か問題があると
「Mr.…・・どうしたら良いか?」」と答えを求めてくる。

 

これに対して始の何ヶ月かは(問題によっては1年になる事もある)
自分の作成したサクセスストーリーに沿った答えを出してやり、見守ってやる。

 

このサクセスストーリーとは、いわゆる自分の行動の鏡の様なもの。
上の例で云うと交通安全のルール。

 

上記の見守りを続けるうちに、 「この問題なら彼らだけでも何とかなりそうだ」と云う「人物」に必ず出会う時が来る。

 

このチャンスを決して逃がしてはならない

 

問題の内容を聞きながら「君ならどんな方法で解決する?」と聞き返してやり
何らかの答えがあった場合、その妥当性を考えた上で、私もこの結果を知りたいから時々 話しに来てくれと云って返してやる。

 

こんな感じの繰り返しをして行くと、いつのまにかその当事者となった現地人が、監督者の素養を身につけて来た様子に遭遇する。

 

人材育成の基本は、万国共通なのである。

 

追伸:

チャンス到来時に「君ならどんな方法で解決する?」の問いに対して、
現地人からなにも答えが返ってこない場合がある。
 
その時は「1時間後に話し合おう。それまでに解決策を考えて来てくれ」 と一度突き放す。あとは上記と同じ。

 

この様な人物は、つぎの時も同じ様な状況になりかねないから、
次の手として、毎朝「昨日はどんな問題が有ったか?」の質問を”根気良く” 繰り返して行く。

 

昨日の問題がキャッチ出来てくればしめたもので、 あとは、私もそれに感心が有る旨の姿勢を示し、時々話し合うことにすればオーライである。

 

これも「考えさせる教育」の一端である。

 

もうあなたはお解りかと思うが、与える教育とは、「基礎力の醸成」であり 「基礎力の見極め」である。

 

考えさせる教育とは「応用力発揮/能力発揮」であり、「能力伸長」である。

 

▲プロジェクトX 海外事業の人材育成へ戻る